脱毛当日や前後のアルコールはなぜダメなのか?お肌のトラブルを避けるために控えよう

脱毛当日もしくは前後でのアルコール摂取は禁止している脱毛サロンが多い

脱毛サロンで脱毛を行う際の注意事項として
脱毛前後お酒(アルコール)摂取の禁止」といわれます。

実は脱毛するには注意事項はたくさんあります。
今回はその中のひとつ
「なぜアルコールだめなのか?」
を詳しく書いていきます。

脱毛の時にアルコールを飲むと体温があがり肌のトラブルにつながる

お酒を飲むと血行がよくなり顔が赤くなったり、
ほてったりします。
お酒にとても強いといってもお酒を飲むことで
体に何か変化はきっとあります。

お酒を飲むことで体温が上がることで
脱毛にを行って刺激に弱くなっているお肌は強い痒みがでたり
痛みが出る可能性があります。

アルコールを摂取することは脱毛によって
一時弱っているお肌に塩水を塗るような行為になるのです。

痒みなどで肌をかいたりするとより肌の調子は悪くなります。

肌をかいてしまうことでポツポツ毛穴になってしまうことも

お肌がとてもかゆい。
なかなかそうなると人は我慢できません。
起きているときは我慢ができても
寝ているときには無意識に掻いてしまうものです。

弱った肌をかきむしると毛穴がポツポツと赤くなり
とても目立ちます。

せっかくの脱毛を台無しにしないために
脱毛の前日、当日、できれば数日は大好きな方もアルコール
は控えましょう。

赤みのポツポツは長く続く、掻くことで痕が残るかも

せっかく痛みを我慢してがんばった脱毛なのに
毛穴ポツポツ
「掻いた痕
が残っては、意味がないどころかマイナスです。

お酒な大好きな方も我慢してください。
「お酒を紛らわすために何か食べに行きたい!」
など違うことで紛らわしていきたいですね。

シースリーの超光速脱毛なら
なんと全身を45分で脱毛していきます。

しかも9ヶ月0円なので永久脱毛目指して

ゆっくり隅々まで綺麗にしていきたいですね。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

 TOP