電力自由化によるメリットは?小売りが始まると嬉しい電気代!?

電力の自由化がもうすぐ始まります。始まることでメリットはあるの?

2016年の4月から【電力自由化】が本格的に始まっていきます。
まず電力の自由化ですが
私はメリットの方が間違いなく多いと読んでいます。

そこで電力の自由化が始まることでのメリットやデメリットを
考察していきます。

電力自由化ってなに?

まずこの【電力自由化】ですが
電力会社を企業や個人が自由に選べるようになったという改革です。
実はこの電力の自由化というものは10年以上も前から
企業などではスタートしていました。

そして2016年4月に本格的に一般家庭を含め、全世帯や企業で
電力会社が選べる時代に突入します。

電力会社ってたくさんあるのか?

そもそも電力会社って関西電力や中部電力、
東京電力などの地元電力会社しか知らないし、他に会社はあるのか?
と思いますが、
今続々と会社が始めています。
現在で言えばなんと750社以上が手を挙げ始めています。

特定規模電気事業者連絡先一覧

石油会社や大手商社など
通信会社なんかもいます。

総額8兆円の小売市場といわれていますから今回の小売化は
企業にとっても大きなチャンスです。

競争が激化するということは価格が下がる

大手企業がこぞって電力の小売と始めるということは
間違いなく電気代金の削減が可能になります。

なぜかというと一家に一電力会社ということなので
電力会社で取り合いになります。

消費者として電力会社を乗り換えるメリットといえば
電気代金が下がることです。
あと中部電力のようにポイントを付けたり
特典をつけるかもしれないですね。

下がらないと乗り換えない。
なので料金での価格競争は起こると考えてます。

通信同様にコラボによるサービスが始まる?

通信と同様で家庭のいろんなものとコラボする模様です。

関連記事
『NTT光コラボレーションモデル』

これにより家庭のガス代金や通信料金や保険料金などが割引される可能生があります。

通信料金のセットでは
関西電力グループのケイ・オプティコムは既にセットで打ち出すことを
発表しています。

関西電力系の通信会社であるケイ・オプティコムも、3日に申請を行い、本社のある大阪で記者会見を開きました。提供するインターネットサービス「eo光」と揃えた「eo電気」のブランドで、家庭向けの電力販売に乗り出します。同社は関西エリアで150万件規模の光回線顧客を保有しており、ケイ・オプティコムの橘取締役は、記者会見でインターネット回線サービスと電力契約のセット販売で、既存事業者に対してお得感のある料金設定を実現することを強調しています。

ケイ・オプティコム電力小売事業への参入

恐らくソフトバンクグループである
SB Powerもまだ発表は行ってないですが
携帯電話であるソフトバンクモバイル
や固定回線のおとくライン
とのコラボによる料金削減は
間違いなく行ってくると考えています。

自由化により料金は下がる。でも問題も多い

電力自由化が始まることで毎月の電気代金が今より高くなるという
可能性はほとんどないです。
これからは電力会社をコロコロ乗り換えながら料金を下げていくことになりそうです。

しかしこのような大きなインフラ設備の乗り換えには問題がつきものです。
実際にフレッツ光の卸が行われている光コラボでも乗り換え(切り替え)の際に
時間がかかったりといろいろな不具合が発生しました。
そのような点も考慮しながら慎重に電力会社を選んでいくことが
消費者の役目となります。

後、間違いなく増えると思っているのが
『電力会社の訪問販売』です。
これだけの市場規模なのでどの会社もこぞって大規模な営業活動を
行うはずです。
WEBやCMだけでなく訪問販売やテレマーケティングも
増えると思います。
自身でどの電力会社が最適なのかを
見分ける力も必要になってきますね。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP