楽しい人生を過ごすためにやっておいた方がいいただ一つのこと

楽しい人生を過ごすために大事だと思っていること

『たった一度の人生を楽しく過ごしたい。』
『人より少しだけ上に生活をしたい。』

好きな時に好きなことをしたい。
どんな人でも一度は考えたりそれを目標として
今を頑張っている人もきっといると思います。

私もその中に一人です。
たった一度の人生で
人より少し美味しいものを食べて、
自分の身近にいてお世話になっている人を少しだけ
でもいいので幸せにしたい。

そのように考えています。

人よりワンランクアップの生活に
必要なものは一体なんでしょうか?

やはりお金や時間が一番大切

お金があっても残業ばかりじゃ自分のやりたいこと
ができません。

時間があってもお金がなくては美味しい食べものや
趣味にお金をかけれません。

きれいごと抜きで
【お金と時間】
が必要だと考えています。

この2つを持ち合わせていないと楽しい人生は過ごしにくいです。

最近は
『ミニマリスト』といった
できる限り無駄を削ぎ落とす生活が流行っていますが、
一度きりの人生なので
『行ったことのない秘境・国・建築物』
『ミシュランで星が付く料理』

など死ぬ前に一度は行ってみたり、食べておきたいと思いませんか?

今働いている人がその職場でワンランクアップできる?

これは私の考えですが
【長い目で見た時に今の会社で頑張って、ワンランクアップの生活ができるの?】
と言いたいです。

大手企業に勤めていて上司の年収が数千万などであれば
努力と運しだいで同じ土俵まで上がれる可能性はあります。

でも中小企業や好きでもない仕事で
いくら頑張っても先が大体見えている。
ような仕事であれば、本当にそのまま働いていいのであろうか?

私は6年勤めていた会社を辞め、
現在フリーランスとして活動しています。
前の会社でそれなりの成績を出していましたし、
なにより会社内の雰囲気がよくとても楽しかったです。

そんな会社を辞めた理由としては

【5年後、10年後の自分が大体想像がついてしまった】からです。

5年後でも10年後でも同じように生活は普通で楽しく仕事をやって
いる今と何も変わらない自分が見えてしまったのです。

現状維持か低迷を望むなら今の会社一本に集中したほうがいい

毎年昇給して、ボーナスもたんまりもらって、しかも楽しい。
そんな職場であっても数年先はわかりません。

だってあの日本の大企業が買収される時代です。
昔の人はあの会社が買収されるなんて微塵も予知していなかったでしょう。

今の会社をスパッと辞めた方がいいなんて口が裂けてもいえませんが
私が言いたいことはこれからの自分の人生の為に

【未来へのリスクヘッジ】

をかけておいたほうがいい。
とはみなさんには言っておきたいです。

働きながらも、できることはたくさんある

私が前に職場を辞めてフリーランスで
働けるようになったのは

【働きながら副業を1年間続けた】からです。

仕事をしながら、会社が終わってからや
休みの日にセコセコ準備をしました。

おかげで辞める前には正社員の給料と同等の稼ぎを
毎月出せるようになったため、勢いよく辞職に踏み切ることができました。

じゃあ辞めるために何をしたらいいのか?

一番大事なのは

【考える、触発される】

この二つです。

楽しい人生をするために考える。

その考えている頭に他の考えを持っている成功論で
触発させる。

これが一番だいじです。

具体例でいうと

自由な人生を手に入れる教科書という電子書籍を
ご存じでしょうか?

だいぽんという方が書いている
電子書籍なのですが、現在無料で公開中なので読んでみてください。

読んでもらえば一目瞭然なのですが
最悪の展開からパソコン一つでのし上がった人の成功事例とメンタル面を
事細かに書いてくれています。

PCスキルがない状態から少しずつ始めていき、
今は【お金と時間】を両方とも得ることができています。

実際にわたしもPCスキルゼロからこの教科書を読んで
触発され、少しずつ歩きはじめなんとか生活できるくらいまでになりました。

この仕事をやるようになって思ったことは

『インターネットを基盤としたビジネスの領域は異常である』

ということです。

あなたが売り込みたいものが努力次第で
日本、もしくは世界のインターネットユーザーに見てもらえることになるんです。

これはインターネットを介することしかできないマーケット方法です。

このようなインターネットを使ったビジネスモデルは
PCスキルの無い私でも努力次第で始めることができています。

今の生活に少しでも不満がある。
不満はないが、もっと自分は出来る気がする。

というひとはひとまず
自由な人生を手に入れる教科書を読んでみてください。

そして、触発されたなら私へメールしてください。

最初の初動は、私に相談してもらえれば協力します。

まずは触発されたけど何からやろう??
となったらひとまず

いろコム著者である
アカネまでメールかコメントください。

メール送信先

アカネへメールしてみる。(どんな相談でもOKです)

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP