ハローワークで優良企業を発見するにはスキルより運?

就職活動にハローワーク一本だけでいいのだろうか?

まず今回の記事はハローワークを否定しているわけではなく
実際起こっているハローワークの求人事情について書いていきます。

新卒者でのハローワーク求人はとても通りにくい

 

悩む

就活生は基本的にリクナビやマイナビ
をメインとしているんですが、
就職の幅を広げるためハローワークを使う人も多いんですが、
ハローワーク自体は新卒者を『1から育てる』というよりも
即戦力』である中途採用を求めています。

ハローワーク求人企業アンケート調査の中で
新卒採用を考えている企業は多いといわれる通信業でも4割。
運輸業では1割以下とあまりよろしくない(^_^;)

なのでまず新卒で就職活動している人は
ハローワークで時間を費やすよりもいろんな種類のナビサイトを
試して見た方が効率的です♪

なぜハローワークから優良企業に務めることは難しいのか?

ブラック企業が多い

 

ブラック企業

そもそもハローワークの求人票は適当な事が多い。
・通勤手当が支給の予定が入社してみるとなかった。
・週休2日のはずがなかった。
・そもそも求人票の仕事内容とは大きく違っていた。

などなどいわゆる『ブラック企業』と呼ばれる企業達が
求職者を誘い込むためいろんな餌針を仕込み潜んでいる。

面接の時に求人票と違う事を言われても
その場ではなかなか断れなく、遂にはブラック企業の歯車になってしまう…
ハローワークの求人票、苦情9千件超 4割が「虚偽」

今後厚生労働省が『ハローワークのブラック企業締め出し』を
行っていくようですがまだ始まったばかりの制度なのですぐに結果がわかるものでもない

空求人が多い

空求人と言われる『人を採用する気のない求人』も多く存在します。
この空求人が起こってしまう理由が

・ハローワークの求人に費用はかからない。
・ハローワーク経由で採用した場合に国からの助成金制度もある
・ハローワークからも企業に求人を促すよう案内をしている

なので企業としても
『タダだしひとまず求人出しておいて、すごい優秀な子がもしきたら助成金ももらえるしラッキー☆』

という感じ。こうなればもう国もわるいよね。オコ。

こんなずさんな環境じゃ優良企業を見つけるなんてほぼできない(>_<)

ハローワーク以外での職探し

じゃあ就活者はどこを信じればいいの?
となると思いますがもしかしたら最後の就職先になるかもしれないのだから

ハローワークだけに頼らずいろんな方法をかけて探すべきです。

ひらめき

まずは身近なところから!

友人、知人または元同僚は以前の取引先など
今までの人脈を振り返って情報交換してみましょう♪

ホームページに出てないような求人を探すのはこれが一番。
いきなり連絡するのは気が引けると思いますが、
生涯の恩人になるかもしれないでから
ここは頑張って頭を下げておきましょう。

やはり求人媒体は頼りまくるべき

どの企業に合っているか?
それはやはり専門のコンサルタントにお願いするべきです。
担当は百戦錬磨なのですぐに職は選ばず仲良くなることが重要です♪
転職すべきではない。現職にとどまるべき人
–求人ナビサイト–

【マイナビ】
業種、職種、地域などで検索して情報を取りやすい。
Gomez転職情報サイトランキングにおいて、「マイナビ転職」は総合評価1位にもなっています。
ジャンルで毎にナビサイトも分かれているので自分の得意分野、もしくはやってみたい分野
の応募をしましょう♪

【リクナビ】
総合的にもっとも求人情報の量が多い。
大手企業の案件が豊富で、スカウトを受けられるサービスもあり。

リクナビNEXT

【リクルートエージェント】

【PR】ナースフルで高給与、好条件の看護師求人を探す

スポンサーリンク

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP