光コラボを比較│IIJmioひかりは自社SIMで割引

IIJmioひかり

imh_logo

IIJmioひかりは株式会社インターネットイニシアティブが提供する、

【光コラボレーションモデル】のサービスです。

この光コラボレーションモデル(以下光コラボ)のサービスは
今年の2月からスタートしたNTTの新プロジェクト。

NTTが設備を作った光回線を使ってサービスを行いたい業者が
決まった料金で卸してもらい自社サービスと絡めていくサービスです。
実際に手を挙げた会社は300社ほどといわれてますが
卸値が高いという理由もあり
実際に参入した販社は80社ほどです。

今回はこの

【IIJmioひかり】

について料金とメリットを書いていきます。

今まで書いた『光コラボ記事』はこちら

『ドコモ光』

『U-NEXT光』

『ビッグローブ光』

『softbank光』

『OCN光』

『so-net光』

『@nifty光』

【NTTフレッツ光】新規加入で最大60000円キャッシュバック

毎月の固定料金は少し安くなる

では実際の料金を見てみよう

ファミリータイプ⇒4960

マンションタイプ⇒3960

ひかり電話(IP)⇒500

※税抜き表記
※プロバイダー料金含む

工事費⇒NTTフレッツからの転用であれば無料。
新規工事であれば18000円だが実質キャッシュバック等で無料にするキャンペーンを行っている。

家庭の毎月料金と比較してほしい。
フレッツ光ユーザーであればわずかながら安くなる人が多いのでないだろうか?

正直もっと料金を下げてほしいというのが消費者である私の意見であるが
光コラボを扱っている会社が料金をあまり下げれない絶対なる理由がある。

NTTの卸値が高い

これが一番の原因である。
詳しい卸値は公開できないが
もともとコラボ業者はNTTへ1回線ごとに
NTTに卸値である固定回線料を支払う。

この卸値に関しては、大企業や中小企業、関係性 が深い会社に関しても
一律の値段である。

コラボ業者としては

卸代金+カスタマー料金なども加味した上で料金を設定しなければならない。

コラボ業者のメリットとは何か

ではあまり儲からないであろうこと光コラボ。
なぜ光コラボ業者は参入したのか?
その理由は
【自社商材との複合】である。

光コラボと自社の製品をセット持ってもらうことで
お客様にお得感を出し、他社への転用や解約を防ぐのが
一番大きな理由ではないだろうか?

IIJmioひかりとセットでお得なものは自社SIMである。

IIJmioといえば自社で持っている格安SIMの印象が強い。
今回はこの自社のSIMを一緒に持ってもらうことで
最大2年間1050円の割引を行っている。

元々格安SIMとしては定評が高い会社だけに既に
IIJmioのSIMカードを持っている人も多いだろう。

その場合はこの【IIJmioひかり】を契約することが

消費者にとっても大きなメリットとなる。

フレッツ光申込 ★公式特典+最大6万キャッシュバック★

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

ラクーポンwimax┃最安値の上に縛りも軽いポケットWIFI
みおふぉん│IIJmioを料金比較してみよう!
AQUOS ZETA SH-04Hのスキマが気になる。しっかり防水してくれるの?
転用時に光コラボ事業者へ引き継げないオプションは?NTT西日本の場合
so-net(ソネット)の【PLAY SIM】に選べる新プランが登場!780円から格安で持てる!
光コラボに転用する前に得する人損する人
Plala(ぷらら)の解約方法の解説。退会と解約の違いと違約金はどれくらいかかるの?
so-net(ソネット)とXperia(エクスペリア)のメジャー端末格安スマホ登場!
光コラボ比較表│OCN光はOCNモバイルONEで対抗!
フレッツ光の代理店を募集します。コラボ光の条件も高単価!個人でも募集可能。初期費用はゼロ!
ヤフープレミアム会員のメリット特典があった!家庭の通信費を見直しましょう。
スマモバはデータ制限無制限が売り!料金は魅力!
アップルウォッチ│発売したらみんな買うの??
IMEIを見よう!白ロム購入で失敗しない3つの方法
【dtab】d-01G│ドコモの8インチタブレット近日発売!

Menu

HOME

 TOP