イキガミ24時間しか生きれないと知ったら何をしますか?

残された時間は24時間

いつもどおりの日常、いつもどおりの景色、
これからもいつも通りの日々が続くと思っていた矢先。

そんな時にいきなり24時間の余命を告げられた場合
人は何をするのか?

イキガミ

イキガミ(1) (ヤングサンデーコミックス)

ヤングサンデーで連載されていた
【イキガミ】

作者は間瀬元朗さん。

この世界には「国家繁栄維持法」という法律がある。

国民に【命の価値】を認識してもらうために

小学校入学時に受ける「国家繁栄予防接種」と銘打って

1000人に1人の割合で

ナノカプセルを小さいころに埋める。

投与された人間は18~24才の間に突然死を起こす。

この突然死の恐怖と隣り合わせになることで人生を謳歌し、

社会性を向上させるというのが目的である。

もちろんこの1000人に1人が誰なのかはごく一部の人間のみしか知らない。

逝紙(イキガミ)

正式名称は「死亡予告証」。
突然死の対象者に発症の24時間以内にこの逝紙(イキガミ)を渡す役目を主人公が行う。

突然逝紙を渡された人間は

まさか自分がという気持ちとともに残りの24時間をどう生きるのか?

というのがこのマンガの面白さである。

自分なら何をするのか?

このマンガは自分がその逝紙をもらう立場。
はたまた渡す立場なのかに着眼点をあてて読むとより楽しくなる。

渡された人間は

犯罪を犯す人間ももちろんいる。
復讐を行うものもいる。
最後に夢を果たすために足掻くもの。

また

周りに人間のために恩返しをしていくものも。

 

 

自分ならどうするのか?

という考えをするだけでこれからの人生の考え方も変わるのではないだろうか?

 

渡す立場の人間はイキガミの対象者を3日前ほどに知ることができる。
これを先に通告するようであれば自身がナノカプセルを埋められる対象者となる。
伝えることできずとてもヤキモキするだろう。

 

ただこの世界での「国家繁栄維持法」は昔からあるいわば

当たり前

の法律なのでこの考えに反論を起こすものは少ない。

主人公はある時に考える

この世界の主人公である藤本 賢吾は「逝紙配達人」でありながら
少しずつこの法律に疑問を持ち始める。

そしてこの法律を変えるために動き始める・・・・

読んだ感想

全10巻なのだが一気読んでしまうくらい続きが気になってしまいました。

されているのもわかる。

もしイキガミは自分、はたまた家族に来たらどうしただろうか?
という空想にふけりやすいストーリー。
作者もそれを考えて作ったのではないだろか?

歯向かいたくても相手が国家なんで押しつぶされるモヤモヤ感。
その強大な敵を主人公がどう立ち向かうのか?

そのような事を考えながらガンガン読みふけりました。

最後は案外あっけないなーという気も少ししたんですが
読んでみる価値はあると思いますよ♪

イキガミ(1) (ヤングサンデーコミックス)

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 「イキガミ」は星新一のショート・ショートの「生活維持省」に類似しているとされて、以前話題になりましたよね。
    騒動の結末は知りませんが・・・

    映画版の「イキガミ」は上映されていた当時に観に行きました。
    松田翔太、塚本高史、山田孝之と僕の好きな俳優さんが出演していたので・・・

    内容もなかなか考えさせられるものでしたが、監視カメラ越しの演出が記憶に残っていますね。

    漫画も今度読んでみます!

    by ビブリオ    2015年4月28日 5:41 PM

  • ビブリオさん
    いつもコメントありがとうございますm(__)m
    実はまだ映画見てないんです。。。
    松田翔太大好きなんで早々に見ます!
    パッカーンと見ます!!

    by akane    2015年4月29日 11:46 AM

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP