子育てしたい父親が増加!子育てに悩むイクメン男性も・・・

子育て男子通称イクメンが増えてきた!

子育てをしっかり行う男性(メンズ)=イクメン
ドンドン増えてきました。

積極的に育児に取り組むことは
子どもの教育にもいいと思うので大賛成!

ですがイクメンが増たのこととは裏腹に

子育てに悩む男性も増えてきたとのこと。

 

家事、育児を一層取り組みたい男性が増加

「家事・育児に今まで以上に関わりたい」と思う父親は 9 年間で増加した。
2005 年 47.9%、2009 年 54.2%、2014 年 58.2%と、10.3 ポイントの増加。

参照 http://berd.benesse.jp/

男性の育児に対する意欲が年々増加してますね。

ただこれは取り組みたいという意識だけであって
実態は仕事の都合などで育児に参加できていない男性が多いです。

やはり帰宅時間が早い男性は家事・育児を積極的に行っていることが多いようです。
仕事をやらなければ家族は守れないですからね。頑張ろうパパ。

子どもとの接し方に自信が持てない男性も増加

d120-472-223267-2

子どもの接し方に自信がもてない男性も増加。
これはやはり仕事などで子どもと接する機会が少なくなっていること
も原因としてあるのではないだろうか。

子どもと接する時間を増やすことで両者の成長がある

子どもと接する時間を作り、しっかり父親として接することで
子どもだけでなく父親も成長できる。

仕事ももちろん大事だがへとへとに帰ってきたら既に子どもが寝ている時間。
というのが定年まで続くのはいかがなものか。

新しい考えを持つと気持ちが落ち着く

『育児休暇をとりたい、有給を使って家族で旅行に行きたい』
そう考えていても会社の事や自分の立場の事を考えてなかなか実行に移せない。
こんな経験たくさんあると思います。

やはりその裏には

会社からいらない存在と思われたくない

とい気持ちがでてしまいます。

特に責任感の強い人ほどより深く考えてしまいます。

ただ次の転職先を探しながら仕事することで

とても気が楽になることをご存知でしたか?

この会社だけがすべてじゃない

という気持ちが心に余裕をもたせます。

同業他社の口コミや年収を確認できる

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ転職サービス

クチコミを元にいろんな会社を探せます。

今の会社にとらわれずに心穏やかに

子育てができる環境を自分で切り開くという気持ちで一度覗いてみてください。


  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

抱っこひもが外すとだらんとしてかっこ悪いしかさばる?収納カバーですっきりしよう。
夫婦生活から逃げ出したい!その前に既婚者独占サービスを味わっておくべき。
幼稚園でヨコミネ式を体験。その後小学生は公立小学校へ。
母子家庭・父子家庭のこどもでも幸せになれるの?実体験上幸せになれる!
急な高熱で熱性けいれんに!原因と対処法は?
【ネウボラ】フィンランドの子育て支援制度は日本でも導入するべき
子どものせきが止まらない。それはRSウイルスかも。潜伏期間がある注意すべき感染症
3か月になったら4種混合ワクチンの予防接種を受けましょう。
B型肝炎の予防接種を。母子感染予防なら保険適応で子どもを守る!
赤ちゃんの予防接種スケジュールを組もう。1歳までのワクチンデビュー
孫フィーバーがうざい?いいことでしょ?対策は必要かも。あなたは賛成反対?
noimage
ヨコミネ式の幼稚園を出たこどものその後はどうなるのか?

Menu

HOME

 TOP