くも膜下出血の原因と症状ってどんなの?治療法よりリハビリへ

くも膜下出血の原因と症状とは

『くも膜下出血の原因と症状を早めに
察知して未然に防げないだろうか?』

現役の看護士から実際のくも膜下出血について聞いてきました。
私含め皆さんがくも膜下出血にならないための備忘録としてまとめました。

くも膜下出血って何?

頭蓋骨の下で脳の表面を覆う膜は3つあります。
外側から『硬膜』『くも膜』『軟膜』になります。

脳は、重さの割合に対して多くの血液を使い、働いています。
他の多くの内蔵とは異なり、脳の表面(くも膜下)には比較的太い栄養血管があります。

一部の血管は、脳を貫いて内部へ栄養を送る働きも担っています。
この、くも膜下(くも膜と脳の空間)に張り巡らせれた血管が切れると、くも膜下出血が起こります。
その結果、くも膜下に流れている脳脊髄液に血液が混ざります。

くも膜下出血とは、脳動脈瘤からの出血です。
くも膜(脳の表面を覆う膜の一つ)の下に出血がある状態を言います。
原因は、脳動脈瘤(脳の血管のふくらみ)の破裂によることがほとんどです。

要は脳の血管が破裂してしまい症状至るということでした。
ではくも膜下出血とはどんなものでしょうか?

くも膜下出血による症状は?

ではくも膜下出血の症状についてですが

典型的な症状として挙げられるのが、今までに経験したことのない様な、
激しい頭痛である。バットで殴られた様な痛みと表現する方もおられます。

また、程度によっては嘔吐、意識消失を伴う事もあります。

四肢の麻痺は必ずしも伴うわけではありません。

これは、脳の保護膜の一部が痛みを感じる働きを持っており、
くも膜下に広がっていく出血が保護膜を刺激して頭痛を起こす為である。

痛みとともに嘔吐や麻痺が起こる場合があるということでした。

くも膜下出血が起こってしまった場合に治療法はあるの?

では実際にくも膜下出血になってしまった場合の治療法などはあるのでしょうか?

再出血予防の手術を行なう必要があります。
動脈瘤が原因であるくも膜下出血では、最も危険なことは再出血です。
破裂した動脈瘤は再破裂しやすく、特に24時間以内が要注意である。

再破裂によりくも膜下出血が増加し、脳へのダメージがより深刻になり、
生命に危険が高くなります。

再破裂を防止するために脳動脈瘤への血流を止める治療が必要である。

手術は大きく二つに分かれます。

開頭し動脈瘤の付け根を閉じるクリッピング術
(金属製の洗濯バサミの様なクリップと呼ばれるもので挟む手術)。

大腿動脈(股の付け根の血管)から動脈瘤までカテーテルを入れ、
プラチナ製のコイルを詰め込むコイル塞栓術。以上二つに分けられます。

手術によって止血後、本格的なくも膜下出血そのものに対する治療が開始されます。

くも膜下に広がった出血が脳にダメージを及ぼすだけではなく、脳動脈そのものに変化を起こします。
発症後4日目〜14日目頃に脳血管攣縮(れんしゅく)と呼ばれる血管がけいれんを起こし、細くなる変化が起こります。

これは、脳の血流不足を起こし脳梗塞の原因になります。
この時期は集中的な治療が必要となります。

くも膜下出血後、脳血管攣縮による脳梗塞を起こすと、後遺症や生命の危険が高くなります。
この時期に様々な方法で治療が行なわれていますが、障害を決定的に予防できる方法は未だ見つかっていません。

完全な治療法はない。未然に防ぐこととリハビリが大事

決定的な治療法は見つかっていないとのことでした。
ということはくも膜下出血を未然に防ぐことと
発症してしまった場合になるべく以前の生活に戻れるようにリハビリテーションが必要になってきます。

ではくも膜下出血にならないために予防できることとしてなりやすい体質やタイプをまとめます。

【高血圧】

くも膜下出血のリスク要因のなかでも、最も一般的なものは高血圧です。
高血圧の人は、そうでない人と比較すると、くも膜下出血による死亡リスクが約3倍(男性2.97倍、女性2.70倍)も高くなります。
血圧が高いと、動脈瘤にかかる圧力も常に高い状態にあり、
それだけ破裂の危険性も高くなるためと考えられています。特に先ほど紹介した、血圧の乱高下には十分な注意が必要です。
高血圧の原因の一つに、塩分のとりすぎがあります。
くも膜下出血の場合も、塩分の摂取量が多いことがリスクにつながります。
塩分の多い食事を好む人は、そうでない人と比較すると、リスクが男性で3.01倍、女性でも2.34場合にもなるからです。

⇒とにかく血圧に負担のかかるようなものがあるとリスクが高まります。

【喫煙】
くも膜下出血の最大のリスクとされるのが、喫煙の習慣です。
喫煙との関連性については、さまざまな調査が行われていますが、
喫煙者のリスクは非喫煙者の2.2倍~3.6倍にもなります。
1日の喫煙量が少なめの人(10本未満)であっても、20本以上吸っている人とリスクは違いません。
喫煙そのものが、リスクを高めているといえます。

⇒私自身も喫煙者ですが、喫煙が多かれ少なかれリスクは高まるとのことです。

【家族の病歴】
親や兄弟などの家族に、脳卒中(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞)の体験者がいる場合にも要注意です。
男女とも約2倍、リスクが高くなるからです。

⇒遺伝的なものもあるということです。

【輸血歴】
あまり知られていないリスクでは、輸血歴があります。
特に男性の場合にはその影響が大きく、なんらかの手術などで輸血歴がある男性は、そうでない男性と比較すると、
4.20倍のリスクがあります。輸血がどのように関連しているのかは、まだ分かっていません。

⇒輸血による関係性はまだわからないようですが、発生率が上がっているということは
なにかしらの関係がありそうです。

【その他】
ストレスは血管を傷つけ、くも膜下出血のリスクを高めます。特に女性は影響を受けやすい傾向がみられるので、注意が必要です。
また女性の場合、60歳以降にくも膜下出血を起こしやすくなります。これには、女性ホルモンの分泌量の減少が関係していると推定されています。

⇒現代社会にてストレスをゼロにすることは不可能ですが
ストレスが体にいい影響を起こすはずがないのでなるべくストレスを減らす生活をしていきたいですね。

参考記事http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/71.html

くも膜下出血を起こさないようにするには
やはり健康的な生活を心がけるということが大事なようです。
これはどの病気にも言えると思いますが、健康的生きることが
いろんな病気の発症リスクを防ぐ一番の改善法のようです。

スポンサーリンク

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

デコルテをふっくらさせると若く見える!夏までのケア対策
髪を太く!夏のペタンコ薄毛頭に!リピーターが多いのは効果が出る証
寒暖差アレルギーはイライラもするらしい。免疫を上げることが一番の解消法。
間質性膀胱炎の治療法は?症状は?実体験レポート
手足のしびれ、手足のけいれんはもしかすると多発性硬化症かも
B型肝炎の給付金がなぜ国から支給されるの?B型肝炎給付金の事実。
マウスウォッシュのおすすめは?口をゆすぐだけの簡単歯周病と口臭予防
鼻を矯正ではなく強制的に高くしてくれるその名も【鼻プチ】
ひげを自分で抜くとあとで大変なことになる。
ストレスで下痢に。それってIBSという病気かもしれないよ
軽いハゲ、薄毛、細毛の進行を止めたい!シャンプーを変えて毛量スカスカなハゲ改善できるの?
身長の伸ばす方法|子供のうちにやっておきたいこと
noimage
手首が痛い!もしかしたらドケルバン病かも。悪化すれば手術が必要な病気
noimage

Menu

HOME

 TOP