資金が底をつく!?黒字倒産前にやっておくこと

【黒字倒産】会社運営で資金が底をついてしまった

『会社経営していて資金が足りなくなった。』
立ち上げ当初の会社にありがちですが、
売り上げはあがっているのに、倒産してしまう。

これを黒字倒産といいます。

ochikomu

この黒字倒産が、起こる原因は
利益が確定しているのにも関わらず、
入金までに会社自体がキャッシュアウトしてしまうことで起こります。
【儲かっているのに、会社を存続できずに倒産】
これだけは避けたいですね。

会社を運営していくなかで、
自身のキャッシュをいかに増やして、
いかに拡大していくかが会社の醍醐味ともいえますが、
攻めに投じすぎて黒字倒産してしまうということは避けたいものです。

そういった黒字倒産を防ぐために
一部の会社では銀行に融資をお願いし、
少しずつ返済することで銀行と関係をつくり、
困った時に融資いただけるようにリスクヘッジをしていることも多いです。

このように、急なイレギュラー事態が起きても対応できる
融資元があれば、黒字倒産は防ぐことができますが、
会社を立ち上げたばかり、赤字が続いていた、ベンチャー企業、保証人がいない。
などの理由で銀行から融資を受けることが出来ないことはとても多いです。

銀行もしっかりと融資金を回収することが目的なので、
倒産の可能性が見え隠れする企業には貸すことができないのです。

売れているのに倒産しそうならファクタリングを検討しよう

では融資がもらえない会社が黒字倒産を
目前もした場合に、指を咥えてみているわけにもいきません。
そこで融資ではなく、
売掛金(売り上げ確定していて、すでに請求書などを提出しているが、まだ手元に入ってきていないキャッシュ)
を買い取ってくれるファクタリングを使用するのも黒字倒産を防ぐ手段です。

ファクタリングについて無料相談してみる。
法人でも個人事業でもファクタリングは可能な手段です。

そもそも黒字倒産の危険を防ぐ為に、資金繰りのしっかりとした管理を

儲かっているのに倒産するしかない。
せっかく夢見た起業家生活を無念な結果で、終わらせない為にも、
黒字倒産という言葉がチラつかないような経営を心掛けることが一番の改善策です。

節税も大事ですが、手元にキャッシュは残しておく

節税の為に、社用車などを買ったり、リースしたりで、
一時的に利益を下げることもありますが、
まずは社員に払う為の給与や、払い先企業への十分なキャッシュを残した上で節税を考えた方が安全な経営です。

支払いサイト自体を最初からしっかり決めておく

売掛の状態で、得意先に支払うことで黒字倒産は起こりやすくなります。
やはり得意先ということで支払いサイクルは早めに行いたいとは思いますが、
なるべく【キャッシュが入ってから振込み】を行うと大きな余裕が生まれます。

今後の教訓も踏まえ一時的にファクタリングを行いたい、
もしくはファクタリングまでの流れを詳しく聞いてみたい場合は
web、電話にて無料相談を行っている株式会社Qpa(キュッパ)0120-893-037に相談してみてください。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP