痩せるなら温野菜!手軽にできる温野菜料理まとめ

温野菜でダイエット

ダイエットするには野菜をたくさん摂る。
これはもう常識ですが1日に必要な摂取量がいくらかご存知ですか?

350グラム

これが1日に最低摂取しなければいけない量です。
この350gの内訳は

緑黄色野菜が150g

淡色野菜が200gの合計350gの摂取が必要です。

【緑黄色野菜150g】
小松菜でいうと4分の1束

ピーマンでなら4つ分

【淡色野菜200g】

ねぎ1本

かいわれ2パック

レタス2分の1個

もちろんねぎ1本だけ食べていたらいいわけでもなく

バランスよく摂取】が健康にもダイエットにも効果的です。

思ったより摂るのは大変。

温野菜なら食べやすく摂取がとても楽になる

生野菜だけで摂取量を摂ろうとすれば
やはり体が冷えてしまいます。

それで摂取もしやすく、体も冷えない温野菜のレシピを集めました。

新玉ねぎドレッシングで*春の温野菜サラダ

春の温野菜サラダ

春の温野菜サラダ

キャベツとにんじんで緑黄色野菜と淡色野菜の両方の摂取ができます。

ローストチキン温野菜&キリディップ添え

ローストチキン温野菜&キリディップ添え

ローストチキン温野菜&キリディップ添え

野菜だけでなく鶏肉がメインなので夕食のメインになる一皿

温野菜の肉みそがけ

温野菜の肉みそがけ

温野菜の肉みそがけ

簡単に作れる肉味噌のレシピ。どんな野菜でも合いますね。

混ぜるだけ!ウェイパーマヨネーズと温野菜

混ぜるだけ!ウェイパーマヨネーズと温野菜

混ぜるだけ!ウェイパーマヨネーズと温野菜

ウェイパーとマヨネーズが合うなんて目からうろこでした。
まさに混ぜるだけなので楽チンです。

タラコクリームの温野菜

タラコクリームの温野菜

タラコクリームの温野菜

単純だけど間違いなくおいしい!

ペペロンチーノ風たっぷり温野菜

ペペロンチーノ風たっぷり温野菜

ペペロンチーノ風たっぷり温野菜

この1品で1日分摂取できそうです。

レシピ参照元:クックパッド

温野菜の栄養素は生野菜に劣る

温野菜はたくさん食べれるので満腹になりすいですが、
茹でる際に栄養素が水に流れてしまい
一部の栄養が失われます。

その点生野菜は体は冷えやすいのですが栄養素はそのまま体に摂取できます。

温野菜だけ生野菜だけでなく両方食べることが大事です。

どうしても1日にこんなに摂取できない

『体にいいのはわかるけど野菜嫌いなので』

という人は果物果汁が入っている

フルーツ青汁などで補うのがいいですね。

青汁=まずくて続かないのイメージを払拭した脅威の96.2パーセントの実感率です。

続けることが大事

急激なダイエットは体にも悪く、リバウンド率がとても高いです。

無理なくゆっくり痩せることが大事です。

安定的に痩せていくにはまず食事から変えていきましょう。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

寒暖差アレルギーはイライラもするらしい。免疫を上げることが一番の解消法。
B型肝炎の給付金がなぜ国から支給されるの?B型肝炎給付金の事実。
ストレスで下痢に。それってIBSという病気かもしれないよ
朝起きたら手が痺れる!原因と改善方法は?
暑さ対策で寝苦しい夜を解消する方法
noimage
鼻を矯正ではなく強制的に高くしてくれるその名も【鼻プチ】
髪を太く!夏のペタンコ薄毛頭に!リピーターが多いのは効果が出る証
身長の伸ばす方法|子供のうちにやっておきたいこと
手首が痛い!もしかしたらドケルバン病かも。悪化すれば手術が必要な病気
ひげを自分で抜くとあとで大変なことになる。
お通じに良い食べ物はやっぱりヨーグルト
くも膜下出血の原因と症状ってどんなの?治療法よりリハビリへ
noimage
間質性膀胱炎の治療法は?症状は?実体験レポート

Menu

HOME

 TOP