パチンコ依存症を克服できた方法。長い期間借金に悩まされた20代。

パチンコ依存症は誰にでも起こり得る病気です

私はパチスロが大好きです。

今から考えてみると
私は【パチンコ依存症】だったのかと思います。

パチンコ店さえなければ
新車のファミリーカーくらいならキャッシュで買えるほど
の給与をパチンコ店員にお支払しているくらい。

それでも手元にお金が入れば
パチンコ店にウキウキしながら並び、
絶望して退店するということが日常茶飯事でした。

そんな気分の急降下を繰り返すのに
懲りずに行っていた私はきっと依存症だったのです。

パチンコ依存症を克服したと言っていますが
いまだにパチスロに打ちに行きます。

なので完治はしていないとは思うのですが
今はストレス発散ができるいい関係を築けています。

私がパチンコで悩まされていたのと同様に
今も悩まされているひともきっと多いと思います。

私が重度の依存症から軽度の依存症に軽減された方法を
悩んでいるひとには参考にしていただければと思います。

まず依存症チェックをしてみる

houtersu-demerito

自分ではなんとなくわかっているとは思いますが

【あなたはパチンコ依存症ですか?】

チェック項目があったので確認してみてください。

・パチンコのことを考えて仕事が手につかなくなることがある。

余裕のイエス!
仕事中に終わったら何打つか考えて手がつかないこともしばしばでした。

・自由なお金があるとまず第一にパチンコのことが頭に浮かぶ。

余裕が無くても行ってしまってました。

・パチンコに行けないことでイライラしたり、怒りっぽくなることがある。

イライラというよりは気になってしょうがなくなりますよね。

・一文無しになるまでパチンコをし続けることがある。

こんなの毎回でした。
千円以下の小銭を何度銀行窓口で下したことか。

・パチンコを減らそう、やめようと努力してみたが、結局ダメだった。

回数はなんとか制御できてましたが
一回での投資額が上がってしまい結局一緒でした。

・家族に嘘を言って、パチンコをやることがしばしばある。

家族にはパチンコに行くとまともに言ったことなんてありません。

・パチンコ屋に知り合いや友人はいない方がいい。

これは知り合いがいた方が楽しそうなのでNOです。

・大きな金額の借金をしたことがあるのにパチンコを続けている。

大いにあります。これで借金が倍増えました。

・支払予定の金を流用したり、財産を換金してパチンコに当て込んだことがある。

家賃で残しているお金も使いました。
本当に大変なことになりました。

・パチンコを止めるように家族に泣かれたり約束させられたりしたことが2度以上ある。

今のところ一度だけなのでぎりぎりセーフ。

YES一個に付き10点です。
点数が高ければ高いほどよろしくないです。
依存症の確率がぐっとあがります。

私の評価は80点。

パチンコ依存症の可能性が非常に高いです80点
パチンコ依存症の可能性が非常に高い状態です。
ギャンブル依存症は本人だけでなく、周囲の人間も傷付けてしまいます。
また、治療には数年を要する上、再びギャンブルに手を出すとたちまち症状が再発するという特徴もありますので、精神科、心療内科で相談することを強くお勧めします。

メンタルヘルス

ガッツリ依存症ゾーンに入っていました。

こんなわたしがギャンブル依存症を克服できたわけ

gyanburuizonnsyou

 

いまだにちょこちょこパチスロに打ちにいくので、
スッパリ辞めたわけではないのでまだ軽く依存してますが
賢く楽しめるようになりました。

そんな私がパチンコ・ギャンブルと賢く(微妙ですが)付き合えるようになった理由が
大きく分けて2つあります。

そのふたつを共有させていただき少しでも悩んでいるひとの
助けになればと思っています。

ひとつはお金持ちはスロットほとんどやっていないと気付いたから

最近独立したんですが、
前から薄々気づいてましたがお金持ちの社長さんとかは
【競馬やカジノは好きだけどパチンコ・スロットはしない人が多い。】です。

それくらい勝ちにくいのか、時間とコストが合っていない。
いろいろな理由があれどこれだけ身近なものを成功者がやっていない。
成功者のマネをするのは人生勝利の最短距離だと私は思ってます。

なので好きだけど、これからの人生を楽しむために自重してますww

ふたつめ借金がたまらなく増えた

これも大きく関係しています。
最初は気軽に借りた借金が知らぬ間に
返せないほどの額になりました。

総額でいうと100万くらいです。
金融会社は2社。

家庭を持つ身として、家族に黙って作った借金を
お小遣いだけでは返せない額に膨れ上がりました。

最初はスロットで負けた借金はスロットで返してやろう!
と思い期待値なども必至で勉強したのですが、あれはちみつに
計算ができる人でないと勝ち続けることは難しいですね。

スッパリ期待値通りに辞めれる人はこんな大きく借金は作りません。
依存症にはとても勝つことは難しいです。

一日負けるためにスロットに行って、
新車を買えるほどまけて、大事な20代をスロットに費やしてしまった
時間もとてももったいなく感じてあほくさくなってしまった。

借金を返すために
任意整理を考えたり、
借金を返すために、夜も働いたり、お金も時間ももったいないことに気付くことがギャンブル依存をやめることが
できる一つの方法だと思っています。

【将来安定した暮らしをしたいならパチンコ・スロットはほどほどに】
【経営者の目線となり他で稼ぐ方法を見つける。おのずとスロットやパチンコへの興味をそらす】

既にパチンコ・スロットでのぬかるみにはまっているひとは
任意整理をしてリスタートをきる。
任意整理も内容によっては誰にもバレずに対処することも可能です。
一度無料相談をしてからこれからの人生設計を組みなおしてみることが
楽しい余生を過ごす第一歩になると思います。

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

 TOP