格安SIMカードの最安値はDTI?ワイヤレスゲート?

格安SIMを持ちましょう!!

通信費はなるべく抑えたい。でも不自由なくつかいたい。
皆さんそう思っていると思います。
今回は現時点で最安値だと思われる格安SIMをご紹介していきます。

OCNモバイルONEで通話料削減

現状一番安い級と思われるSIM

ServersMan SIM LTE

http://dream.jp/mb/sim/index.html

毎月504円(税込)
NTTドコモ回線使用
最大受信速度250Kbps

評価

安い!でも遅い

最大受信速度は250Kbps。
高速にしたい場合は追加料金が必要。
wifi環境を駆使すればなんとか使えるかな?
というくらいです。外ではメールの確認しかしない人
であれば丁度いいかもですね。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE

http://www.wirelessgate.co.jp/service/sim.html

毎月480円(税込)

NTTドコモ回線使用

最大受信速度250Kbps

評価

安い!でも遅いでもwifiスポットが多い

これも最大受信速度は250Kbps。
先ほどよりもいい部分としては
専用アプリから全国40,000か所以上の公衆無線LANスポット
で使い放題となる部分。
wifiスポットをうまく利用すればこれが最安のSIMになると思います。

U-mobileデータ専用ダブルフィックス

http://umobile.jp/

毎月734円(税込)

NTTドコモ回線使用

最大受信速度150Mbps

評価

安いし早い!

最大受信速度150Mbpsということで先ほどの2社とは
段違いの速さです。
問題点としては月に1GB以上使ってしまった場合は
月1814円(税込)に上がる部分と
規定の高速データ通信量を超過した場合、
当月末まで通信速度が送受信最大128kbpsになります。
前記事にも書いてますが、この会社は光回線のMVNO『光コラボ』もやっていく予定なので
セット割みたいなものも今後出てより安くなる可能性もあります。
前記事↓
NTTコラボレーションモデル続報情報

格安SIMに関してはこれから確実に流行るはずなので
もっと安いプランとか通信制限が上がったりとかもあると思います。

また新しい情報が入り次第更新していきます。

※受信速度はベストエフォート型です。
環境等で速度は大きく変わります。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

NifMo【二フモ】│ニフティの斬新!お金を生み出すSIM!
「LINEバイト」開始。2月から新会社設立へ
Plala(ぷらら)の解約方法の解説。退会と解約の違いと違約金はどれくらいかかるの?
NTTコラボ│卸に伴ってISP業界はどうなるのか??
OCN(オーシーエヌ)の解約方法を解説。辞める際にかかる違約金は?
光コラボ│So-net 光 コラボレーションを提供開始│私の見解
ヤフープレミアム会員のメリット特典があった!家庭の通信費を見直しましょう。
noimage
光コラボ比較表┃@nifty光はauコラボが決め手!
so-net(ソネット)とXperia(エクスペリア)のメジャー端末格安スマホ登場!
スマホの裏技│随時更新予定
BBIQスマホSIMd│BBIQ(ビビック)でも格安SIM登場!
pepper│ソフトバンクのペッパー君の言動がヤバイ!
Google Chromecast クロームキャストの使い方はこうだ!
スマモバはデータ制限無制限が売り!料金は魅力!

Menu

HOME

 TOP