暑さ対策で寝苦しい夜を解消する方法

夏の夜は暑さ対策が必要

今年は暑くなったり寒くなったりしますが
みなさん夜の睡眠はどうお過ごしでしょうか?

ちなみに今年の夏はとても暑くそして雨量も多いらしい。

ということは今年も恒例の熱帯夜シーズンが始まります。

寝苦しい夜が続くとまったく寝た気もせずその日一日やる気が出ない。

なんとももったいない一日を過ごすことになります。

夏の疲れは睡眠で解消

夏は歩いているだけでも体力を消耗します。
これで夜も寝苦しいとなったらいつ体を休めればいいの?
ってなります。

エアコンをかけっ放しに冷え過ぎちゃうしダメ。
扇風機もずっとあたっていると体がだるくなる。

やはり一番体に密接するもの

【布団】

で対策をして、夏を乗り切るべき!

ということでこれから一層暑くなるこの時期に
夏の熱帯夜対策をしておきましょう!

布団はどのタイプが理想か

夏の夜はとにかく汗をかきます。
この汗を止めるということは逆に体に良くないので
汗を吸収しやすいコットン製の布団に変えましょう。

もしくは今の布団にひんやりシーツなどの冷感生地を敷きましょう。この夏対策に作られている布団は吸水や速乾性に優れているので、
サラサラと心地よい眠り体感出来ます。

かけ布団も汗をかくので洗えるタイプ
のものが衛生的です。
夏はダニも増えるので衛生面でもケアが必要です。

30日間使用しても返品できる布団【サラフ
【商品に自信が満ち溢れています】
一度確認してみる⇒
Salaf<サラフ>汗を吸い、風を通し、サラサラに

寝る前のケアももちろん必要

寝る前のケア
ぐっすり寝るためには寝る前の準備も大事。
体のケアをして気持ちのいい目覚めを目指しましょう。

水分補給をしっかりする

暑い時は脱水症状を起こしやすい。
寝る前は冷たすぎない水などを摂ってから布団に入りましょう。
カフェインが入ったコーヒーなどは利尿作用もあります。
今は空前のコーヒーブーム
ではありますが
睡眠の妨げになりますので控えてください。

朝はやめに起きる

早朝

朝方は夏でも涼しいので今のうちにいつもより少し早めに寝て
早く起きる習慣をつけておくことも大事です。

家の換気をする

家の中も風が通りやすくなるように部屋のドアを開けて寝る
などの対策も行いましょう。

空気の流れをよくして涼しく過ごすことができます。

真夏になるまでに対策を

暑くなってからでは準備が間に合いません。
これから始まる梅雨も寝苦しい夜が続くので
早めに対策をして熱帯夜を乗り切りましょう♪

夏までに脱毛対策

これも夏本番までに対策が必要ですね!
何度行っても両脇だけなら最初に100円だけ!

※私の嫁も使いましたが本当に100円だけでツルツルにしてもらいました。
キャンペーン期間は5月末で

ミュゼプラチナム

本当に100円か確認してみる⇒
【ミュゼなら回数無制限】両ワキ美容脱毛が2,600円⇒100円★追加料金ナシ!

  • Pocket
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

noimage
鼻を矯正ではなく強制的に高くしてくれるその名も【鼻プチ】
ひげを自分で抜くとあとで大変なことになる。
手首が痛い!もしかしたらドケルバン病かも。悪化すれば手術が必要な病気
間質性膀胱炎の治療法は?症状は?実体験レポート
ストレスで下痢に。それってIBSという病気かもしれないよ
B型肝炎の給付金がなぜ国から支給されるの?B型肝炎給付金の事実。
マウスウォッシュのおすすめは?口をゆすぐだけの簡単歯周病と口臭予防
寒暖差アレルギーはイライラもするらしい。免疫を上げることが一番の解消法。
風邪だけど風邪じゃないかも。全身性エリテマトーデスは風邪に似ている。
noimage
軽いハゲ、薄毛、細毛の進行を止めたい!シャンプーを変えて毛量スカスカなハゲ改善できるの?
くも膜下出血の原因と症状ってどんなの?治療法よりリハビリへ
手足のしびれ、手足のけいれんはもしかすると多発性硬化症かも
朝起きたら手が痺れる!原因と改善方法は?

Menu

HOME

 TOP